サイトご利用の方へ

  • HOME
  • > プライバシーポリシー・セキュリティポリシー

プライバシーポリシー・セキュリティポリシー

プライバシーポリシー

個人情報保護方針 (H29.5.30改定)

鹿児島県信用漁業協同組合連合会(以下、「当連合会」といいます。)は、会員・利用者等の皆様の個人情報を正しく取り扱うことが当連合会の事業活動の基本であり、社会的責務であることを認識し、以下の方針を遵守することを誓約します。

  1. 関連法令の遵守                                        当連合会は、個人情報を取り扱うために、「個人情報の保護に関する法律」(以下、「保護法」といいます。)その他、個人情報保護に関する関係諸法令および個人情報保護委員会のガイドライン(以下「ガイドライン」といいます。)に定められた義務を誠実に遵守します。「個人情報」とは、保護法第2条第1項、第2項に規定する、生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるものをいい、以下も同様とします。また、当連合会は、特定個人情報を適正に取扱うために、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号利用法」といいます。)その他、特定個人情報の適正な取扱いに関する関係諸法令およびガイドライン等に定められた義務を誠実に遵守します。特定個人情報とは、番号利用法2条第8項に規定する、個人番号をその内容に含む個人情報をいい、以下も同様とします。
  2. 利用目的                                           当連合会は、個人情報の取扱いにおいて、利用目的をできる限り特定したうえ、あらかじめご本人の同意を得た場合および法令により例外として扱われるべき場合を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を利用します。ただし、特定個人情報においては、利用目的を特定し、ご本人の同意の有無に関わらず、利用目的の範囲を超えた利用は行いません。「ご本人」とは、個人情報によって識別される特定の個人をいい、以下も同様とします。利用目的は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ公表するか、取得後速やかにご本人に通知します。ただし、ご本人から直接書面で取得する場合はには、あらかじめ明示します。
  3. 適正取得
    当連合会は、個人情報を取得する際、適正かつ適法な手段で取得いたします。
  4. 安全管理措置
    当連合会は、取り扱う個人データおよび特定個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努め、また個人情報の安全管理のために必要・適切な措置を講じ、従業員および委託先を適正に監督します。「個人データ」とは、保護法第2条第6項に規定する、個人情報データベース等(保護法第2条第4項)を構成する個人情報をいい、以下同様とします。
  5. 匿名加工情報の取扱い
    当連合会は、匿名加工情報(保護法第2条第9項)の取扱いに関して消費者の安心感・信頼性を得られるよう、保護法の規定に従うほか、個人情報保護委員会のガイドライン、認定個人情報保護団体の個人情報保護指針などに沿って個人データの適正かつ効率的な活用を推進いたします。
  6. 第三者提供の制限
    当連合会は、法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ本人の同意わ得ることなく、個人データを第三者へ提供しません。また当連合会は番号利用法第19条各号により例外として扱われるべき場合を除き、ご本人の同意の有無に関わらず、特定個人情報を第三者に提供しません。
  7. 機微(センシティブ)情報の取り扱い                               当連合会は、ご本人の機微(センシティブ)情報(要配慮個人情報並びに労働組合への加盟、門地・本拠地、保健医療等に関する情報)については、法令等に基づく場合や業務遂行上必要な範囲においてご本人の同意をいただいた場合を除き、取得・利用・第三者提供はいたしません。
  8. 開示・訂正等                                         当連合会は、保有個人データにつき、法令に基づきご本人からの開示、訂正等に応じます。「保有個人データ」とは、保護法第2条第7項に規定する保有個人データをいいます。
  9. 苦情等相談窓口                                        当連合会は、個人情報につき、ご本人からの質問・苦情に対し迅速かつ適切に取り組み、そのための内部体制の整備に努めます。
  10. 継続的改善                                          当連合会は、個人情報保護の取り組みについて、適正な内部監査を実施するなどして、本保護方針の継続的な改善に努めます。
お申し出先
〒890-8540 鹿児島市鴨池新町11番1号
鹿児島県信用漁業協同組合連合会 本店 総務管理部
TEL:099-253-5531(受付時間:平日 午前9時~午後5時)
お客様各位

鹿児島市鴨池新町11番1号
鹿児島県信用漁業協同組合連合会

当連合会では、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に基づき、お客様の個人情報を、下記利用目的の達成およびその他お客様とのお取引を適切かつ円滑に履行するために必要な範囲で利用いたします。
なお、以下に掲げた利用目的にかかわらず、別途、利用目的を個別にお示しした場合には、その個別の利用目的の内容が以下の記載に優先することを申し添えます。

業務内容
  • 貯金業務、為替業務、両替業務、融資業務およびこれらに付随する業務
  • ・・・業務等、法律により当連合会が営むことができる業務およびこれらに付随する業務
  • その他当連合会が営むことができる業務およびこれらに付随する業務(今後取扱が認められる業務を含む)
利用目的

当連合会および当連合会の関連団体や提供会社・団体の金融商品やサービスに関し、下記利用目的で利用いたします。
なお、特定の個人情報の目的が、法令等に基づき限定されている場合には、当該利用目的以外で利用いたしません。

  • 各種金融商品の口座開設等、金融商品やサービスの申込の受付のため
  • 本人確認法に基づくご本人さまの確認等や金融商品・サービスをご利用いただく資格等の確認のため
  • 貯金取引や融資取引等における期日管理等、継続的なお取引における管理のため
  • 融資のお申込や継続的なご利用に際しての判断のため
  • 適合性の原則等に照らした判断等、金融商品やサービス提供にかかる妥当性の判断のため
  • 与信事業に際して個人情報を加盟する個人信用情報機関に提供する場合等、適切な業務の遂行に必要な範囲で第三者に提供するため
  • 他の事業者から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合等において、委託された当該業務を適切に遂行するため
  • お客さまとの契約や法律等に基づく経理の行使や義務の履行のため
  • 市場調査ならびにデータ分析やアンケートの実施等による金融商品やサービスの研究や開発のため
  • ダイレクトメールの発送等、金融商品やサービスに関する各種ご提案のため
  • 各種お取引の解約やお取引解約後の事後管理のため
  • その他、お客様とのお取引を適切かつ円滑に履行するため

セキュリティポリシー

平成17年4月1日

金融業務の多様化・自由化や情報技術の急速な発展に伴い、情報資産(情報および情報システム)は本会の経営の根幹をなすものとなっている。
本会は、顧客との取引等において顧客情報を入手する立場にあり、本会自らも経営戦略上の機密情報をはじめ様々な情報を保有し、業務上の利用を行っている が、すべての役職員並びにこれに準ずる者((役員、顧問、嘱託、臨時職員、パートタイマー、アルバイト等、及び本会との間に委任契約または、雇用契約が成 立した者)、(以下、これら者を総称して「役職員等」という。))は、それらの情報に対し保護・管理の責務を負っている。
また、サーバー・システムの利用やインターネットとの接続等により情報システムのオープン化が進み、個人レベルでの情報のやり取りが日常化する等、情報を 処理する環境や目的が多様化している現在、従来にも増し、組織的な安全対策の実施が重要になってきている。
このような状況に鑑み、情報資産の適切な保護・管理・利用は本会にとって極めて重要な経営課題であると認識し、本日セキュリティポリシーを制定し、情報セキュリティ管理体制の基本的な考え方および基本方針を明らかにする。
本会はこのセキュリティポリシーに基づいた安全対策を効果的に実施することによって、金融機関に求められる情報セキュリティの水準を維持し、確固たる社会的信頼を得ることを目標とする。
このため、情報セキュリティの確立に向け役職員等自らがリーダーシップを発揮し、役職員等一人一人が情報安全管理基本規程および個人情報取扱規程等を遵守 しセキュリティ維持活動を推進し、広くセキュリティへの意識が浸透するよう積極的に取り組んで行くこととする。


情報セキュリティの基本的な考え方

  1. 本会は、情報資産を適正に取り扱うため、コンピューター犯罪に関する法律、不正アクセス行為の禁止に関する法律、IT基本法その他の情報セキュリティに関する諸法令、および農林水産大臣をはじめ主務大臣の指導による義務を誠実に遵守する。
  2. 本会は、情報の取扱い、情報システムならびに情報ネットワークの管理運用にあたり、適切な組織的・人的・技術的安全管理措置を実施し、情報資産に対する不正な侵入、紛失、漏えい、改ざん、破壊、利用妨害などが発生しないように努める。
  3. 本会は、情報セキュリティに関して、業務に従事する者の役割を定め、情報セキュリティ基本方針に基づき、会(組合)全体で情報セキュリティを推進できる体制を維持する。
  4. 本会は、万一、情報セキュリティを侵害するような事象が生じた場合、その原因を迅速に解明し、被害を最小限に止めるよう努める。
  5. 本会は、上記の活動を継続的に行うと同時に、新たな脅威にも対応できるよう、情報セキュリティ管理体制を確立し、維持改善に努める。

以上