セーフティネット

セーフティネット


平成15年4月より農水産業協同組合貯金保険法が改訂されたことに伴い、平成14年4月から一部定額保護に移行した貯金者保護等の枠組みが2年間延長され ました。また、平成17年4月以降は、保険の対象となる貯金のうち、決済用貯金に該当するものは全額保護となり、それ以外の貯金等については、貯金者1人 当たり元本1,000万円までとその利息等の合計額となりました。

平成17年4月以降の保護される範囲は、以下のとおりになります。

平成17年4月以降の保護される範囲

※1)決済用貯金とは「1. 決済サービスを提供できる、2. 貯金者が払戻しをいつでも請求できる、3. 利息が付かない」という3条件を満たすものです。「当座貯金・無利息の普通貯金等」が該当します。
※2)一般貯金等とは「有利息の普通貯金・別段貯金・定期貯金・定期積金・積立定期等」が該当します。

信用秩序の維持

みなさまからお預かりいたしました大切な貯金は、全国の漁協系統ならではのパワーを結集した「JFマリンバンク支援協会」と貯金者のみなさまを法律に基づいて保護する「農水産業協同組合貯金保険制度」による二重のセーフティネットでしっかり守られています。

信用秩序の維持

貯金保険制度

貯金保険制度は、政府・日銀・農林中金及び系統金融機関の出資により設立された貯金保険機構によって運営されています。
この制度とは、漁協、信漁連が万が一経営破綻し貯金等の払戻しができなくなった場合などに、貯金者等を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とした制度です。

一般社団法人JFマリンバンク支援協会

平成15年1月、全国漁協相互援助基金が改正再編強化法に基づく指定支援法人「一般社団法人JFマリンバンク支援協会」に改組され、会員との関係が基本契約に拠るものから法律および定款に拠るものへと変質し、基本契約は更改されないこととなりました。